FIVE NEW OLD

BIOGRAPHY

■プロフィール

HIROSHI (Vocal, Guitar)
WATARU (Guitar, Keyboards, Chorus)
SHUN (Bass)
HAYATO (Drums, Chorus)

2010年神戸にて結成。
パンクロックバンドとしてキャリアをスタートさせながらR&B、ブラックミュージック、ゴスペルなどの要素を昇華させたロックサウンドに、英語で歌われる爽やかなメロディーとコーラスワークスタイリッシュな洋楽ポップスさながらで心地よくノれると、幅広い世代からの支持を受ける。
これまでに邦楽・洋楽、さらにジャンルの枠を超えた顔ぶれのアーティストとの対バンを重ね、ライブバンドとしてのキャリアを確実に積んでいる。

2017年6月21日「BY YOUR SIDE EP」でメジャーデビュー。 同年「BY YOUR SIDE TOUR」にて東京・新代田LIVE HOUSE FEVER、大阪・梅田Shangri-Laでの自身初のワンマンライブをソールドアウトさせる。
2017年8月、これからの活躍が期待されるアーティストをサポートするYoutube主催の企画「YouTube Music Sessions」に参加。
2018年1月、メジャー1stアルバム「Too Much Is Never Enough」をリリース。全国16公演の「Too Much Is Never Enough Tour」を開催し、エキストラ公演として初の海外公演をバンコクにて行う。
2018年7月サポートベーシストだったSHUNが正式加入し、同年9月2nd EP「For A Lonely Heart」をリリース。バンドのコンセプトである『ONE MORE DRIP』をタイトルに掲げた初のワンマンツアーでは、ファイナル公演・恵比寿LIQUIDROOMもソールドアウトし、ツアーを成功させた。
また、タイの大型野外音楽フェスティバル「CAT EXPO 5」「BIG MOUNTAIN MUSIC FESTIVAL9」に日本人としては唯一、両フェスにも出演を果たす。

2019年4月からは初のアジアツアーを敢行する。

■バイオグラフィー

ページの先頭へ