尾崎裕哉

NEWS

本日、9月4日(日)よみうり大手町ホールで開催された“billboard classics 尾崎裕哉 premium concert - 「始まりの歌」- のライブ中のMCで「尾崎裕哉」名義としては初の作品となる「始まりの街」をトイズファクトリーから配信リリースすることを突如発表!本日24:00 (9月5日(月)0:00)よりiTunes Store, Apple Music, レコチョクにて先行配信され、9/9(金)よりその他の主要配信サイトでの一斉配信がスタートすることが決定しました!

同曲は7月16 日、TBS 大型音楽番組「音楽の日」に出演し、父の名曲「I LOVE YOU」 と共に生放送でパフォーマンスされ同番組の瞬間最高視聴率を記録するなど大きな反響を呼び、 オフィシャルでの楽曲リリースを待望視されていた。母から「お父さんがいなく、寂しい思いをさせてしまってごめんね。」と言われたことに、 「いや、そんなことはない、僕は幸せさ」という想いを伝える為に書き下ろされたこの楽曲。、 【僕は幸せさ これまでも これからも】という歌詞には過去から現在そして未来までも見つめ、 前を向いていく尾崎裕哉の真っ直ぐな姿勢が投影されており、大切な人を持つ多くの人が共感、感動できる内容となっている。

「間違いなく父親の声を自分は受け継いでいる。」と自身でも語るように、情感豊かで起伏のあるボーカルは尾崎豊を彷彿とさせ、聴く人の心を震わせ、全ての人がその歌声に惹き込まれてしまうだろう。これは尾崎豊を知らない世代までをも魅了する、 尾崎裕哉が世の中へ与える 衝撃のDigital 1st Singleである。

また、本日22:50からNHK BSプレミアムでは、ドキュメンタリー「父・尾崎豊を見つめて 裕哉 26歳の旅立ち」がオンエア。 尾崎豊とは何者だったか?そして自分とは?父から旅立ち、尾崎豊の息子ではなく尾崎裕哉になるために。苦悩、葛藤、成長の1年に密着した内容となっている。


▼配信情報
2016年9月5日(月)Release
Digital 1st Single「始まりの街」
iTunes Store, Apple Music, レコチョクにて先行配信。

※下記リンクは9月5日(月)0:00以降より有効
<iTunes Store>
https://itunes.apple.com/jp/album/a-life-together-single/id1145752457?l=ja&ls=1&app=itunes
<レコチョク>
http://recochoku.com/t0/1003467195/

▼番組情報
2016年9月4日(日) 22:50~23:50
NHK BSプレミアム 「父・尾崎豊を見つめて 裕哉 26歳の旅立ち」
http://www4.nhk.or.jp/P4119/

▼Profile
1989年7月24日東京生まれ。2歳の時、父・尾崎豊が死去。
母と共にアメリカに渡り、15歳までの10年間をボストンで過ごす。
2005年に帰国、アメリカンスクールを経て、慶應義塾大学院卒業。
2010年InterFM「CONCERNED GENERATION」、
2013年InterFM「Between the Lines」のパーソナリティを担当。
音楽を軸にした社会貢献を目指して、楽曲制作とライブを重ね、
2016年にTBS「音楽の日」でテレビ生出演を果たす。父・尾崎豊の
名曲「I LOVE YOU」と自身のオリジナル楽曲「始まりの街」を初披露し、
同番組瞬間最高視聴率を記録。SNSにはコメントの投稿が殺到し、
検索ワード、話題のトピックでは軒並み上位にランクインするなど、大反響を巻き起こす。
そして、9月5日には「尾崎裕哉」名義として初の音源となる「始まりの街」をリリースする。

ページの先頭へ