SALU

BIOGRAPHY

■プロフィール

SALUは、1988年札幌生まれ、神奈川は厚木育ち。3歳の時に父親の影響でDr.Dreのアルバムを聴き、14歳から日本語でラップを書き始めた。
日本において、主流とされていた強面ゴリゴリ系、汗かきラップスタイルとは明らかに違う、ユルフワ系脱力フロウを武器とするニュータイプ·ラッパーである。
今まで、札幌、神奈川藤沢、厚木、シンガポールなど、プライベートな事情もあって”根無し草”のように都市を渡り歩いてきた。
その経験からか、観察力と洞察力で綴る情景豊かなリリックには独特の呼吸とライミングがある。
2012年3月にインディーズ·リリースされたファーストアルバム『In My Shoes』は、23歳にして得た濃厚な人生経験と、初期騒動に裏付けされたSALU が"In My Shoes(=僕の立場から)”から見た世界について歌った作品で、J-HIP HOPのフィールドでは異例のスマッシュヒットとなり、iTunes総合チャートで初登場2位を記録。
また第5回CDショップ大賞やVMAJ、スペースシャワーMVAにノミネートされる等、SALU旋風は目利きの関係者の間で語り草に。
KREVAや木村カエラなど様々な方面から絶賛され、ヒップホップ·ヘッズは勿論、ロック·リスナーからも高い支持を集めた。
翌年、2013 年にはARABAKI ROCK FEST.13、ROCK IN JAPAN FESTIVAL2013、MTV ZUSHI FES 13、SWEET LOVE SHOWER 2013、Sunset Live 2013 など、ロックフェスにも初参戦。鮮烈なるルーキー·シーズンを送る。
その勢いのまま、TOY'S FACTORYよりメジャーデビュー。ミニアルバム”IN MY LIFE”を発表。
レーベルメイトであるAKLOとの対バンツアー”O.Y.W.M. TOUR 2013”をSHIBUYA-AX含む、東名阪で開催、大成功させる。
2014 年には満を持しての2ND ALBUM”Comedy”をリリース。( メジャー移籍後、初のフルアルバム) リリース後は初のワンマンツアー"TOUR OF COMEDY ~喜劇の旅~”を地元の札幌を皮切りに名古屋、福岡、大阪、東京で開催。まずまずの成果をあげる。(ツアーファイナルは恵比寿リキッドルーム)

■バイオグラフィー

ページの先頭へ