ゆず

NEWS

新曲タイトルにちなみ、マスカットを持ってスタジオ訪問した野原しんのすけとゆずの3ショット

(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK

2人組アーティスト・ゆずの新曲「マスカット」が、テレビ朝日系で放送中の人気アニメ『クレヨンしんちゃん』の新主題歌に決定。また、同楽曲が8月1日(水)にCDリリースされることも決定した。
『クレヨンしんちゃん』は、1992年4月に放送がスタートし、今年放送27年目に突入した国民的アニメ。先日、当初から主人公・野原しんのすけの声優を務めてきた矢島晶子の降板が発表され、7月6日(金)の放送回より、新たに小林由美子が声優を担当することが発表されたばかり。

「マスカット」は、北川悠仁が作詩・作曲を務めたポップナンバーで、昨年リリースした「恋、弾けました。」でもタッグを組んだ音楽プロデューサー・TeddyLoid がアレンジを担当。躍動感のあるエレクトロサウンドを軸に、スカやレゲエ要素なども取り入れたパーティーソングで、ライブ映え間違いなしの、この夏一番の“スカッとソング”となっている。

ゆずと『クレヨンしんちゃん』のタッグは、2015年に『映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語〜サボテン大襲撃〜』の主題歌「OLA!!」以来、約3年ぶり2度目。このほど、しんちゃんがゆずのプライベートスタジオ「STUDIO HOUSE」を訪れ、楽曲名にちなみマスカットを2人にプレゼント。北川悠仁は「しんちゃんとは3年前、映画の主題歌を担当させていただいて以来なので、久しぶりに会えて本当にうれしいですね!しかも、春日部から横浜まで来てくれて…ありがとう、しんちゃん!」と笑顔を見せ、岩沢厚治も「マスカットの手土産まで持ってくるなんて、その手慣れた感じが、さすがしんちゃんだなと思いました(笑)。5歳なのに、相変わらずシッカリしてますね!5歳児にこんなことを言うのもなんですけど、また一緒にお仕事ができてうれしいです!」と記念撮影を行った。

8月1日(水)にリリースされる「マスカット」は、表題曲に加え、『映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 〜サボテン大襲撃〜』主題歌に起用され、YouTubeでの Music Video再生回数が2000万回を超えている「OLA!!」、その2曲のガイドメロディー付きカラオケを収録。「マスカット」は、『クレヨンしんちゃん』7月6日(金)放送回のアニメOPにて初解禁される。
ゆずは現在、NEW ALBUM『BIG YELL』を引っさげ全国アリーナツアー<YUZU ARENA TOUR 2018 BIG YELL>を敢行中。11ヶ所33公演をまわり、約35万人を動員する。

●北川悠仁コメント
3年前に映画主題歌「OLA!!」を作ったとき、子どもたちから声をかけてもらったり、幼稚園で踊ってもらったり…と大きな反響をいただきました。しんちゃんとコラボすると、子どもたちがすごく喜んでくれることを実感し、その思いをかみしめながら第2弾を作らせていただきました。
毎週、オープニングで流れる歌なので、曲作りのときにまず考えたのは、聴くだけで“スカッ”と楽しい気分になってほしいなということ。タイトルどおり子どもも大人も“スカッ”としてなおかつ一緒に踊ってもらえたらいいなという思いを込めて作ったので、ぜひおうちで踊ったり、幼稚園や小学校などでみんな一緒に歌って踊ってもらえたらうれしいですね!

●岩沢厚治コメント
僕自身、子どもの頃に見ていたアニメの主題歌はすごく覚えているので、この歌がみなさんにとってそんな存在になってくれたらうれしい。夕飯の時間帯のオンエアなので、家族団らんの盛り上げ役になれたらいいですね!

<新曲リリース情報>
2018年8月1日(水)リリース
NEW SINGLE
「マスカット」
<収録曲>
M-1.マスカット
M-2.OLA!!
M-3.マスカット(ガイドメロディー付きカラオケ)
M-4.OLA!!(ガイドメロディー付きカラオケ)
SNCC-89939 価格:¥800+税

<YUZU ARENA TOUR 2018 BIG YELL>大阪城ホール公演より会場限定で販売している激レアゆずマンステッカー付き「公園通り」CDを6/9(土)~6/10(日)の2日間限定でHMV栄の店舗で販売することが決定しました!

会場と同様にCDをご購入いただいた方に、ゆずマン&あくびちゃん特大パネルとの写真撮影も行えます!

『公園通り』会場限定CD
価格:500円(税込)
<収録内容>
1.公園通り(伊藤園「お~いお茶」CMソング)
『ゆ盤』…CD+ゆずマン&あくびちゃんステッカー
『ず盤』…CD+ゆずマンまたあおうステッカー

販売店舗…HMV 栄(http://www.hmv.co.jp/store/SAK/

販売期間…6/9(土)~6/10(日)の2日間

※ご購入の際に『ゆ盤』『ず盤』どちらをお買い求めかお申しつけください。
※『ゆ盤』『ず盤』ともにCDの内容は同じ仕様です。
※CDご購入者は「ゆずマン&あくびちゃん特大パネル」との写真撮影が行えます。
※店舗での取り置きや予約は受け付けておりません。

『公園通り』特設サイト
http://yuzu-official.com/pages/koendori

新曲「公園通り」のMusic Videoが6月1日(金)、ゆず YouTube Official Channelにてフルサイズ公開された。

「公園通り」は、女優・有村架純が出演する伊藤園『お〜いお茶』新CMソング(全国オンエア中)に起用された楽曲で、5月29日(火)より各配信サイトで配信中。楽曲タイトルの由来は、東京・渋谷の商業施設「MODI」から代々木公園に通じる道、渋谷公園通り。かつてその公園通りに面した場所にあった劇場・渋谷公園通り劇場で、今から20年前の1998年、ゆずは伊勢佐木町での路上ライブから一歩踏み出し、初めて有料ワンマンライブを行った。あの頃の自分たちを思い返しながら、また未来に向けて歩んでいく、作詩・作曲を務めた北川悠仁の内省的なフレーズが紡がれた、叙情的ナンバーとなっている。

MVのメガホンを取ったのは、過去にゆずの楽曲でも『友達の唄』『センチメンタル』『ワンダフルワールド』などのMVを手がけた映像監督・大喜多正毅氏。楽曲のモチーフにちなみ、舞台は渋谷公園通り。5月上旬、まだ人通りも少ない早朝の渋谷で撮影は敢行され、ゆずは公園通り沿いを何度も往復しながら撮影を重ねた。歌詩の“来週は ついに御茶ノ水まで アコギを買いに行くんだ”にちなみ、北川はデビュー前にアルバイトして購入したギターを自宅から持ち込み、岩沢厚治も当時使用していたギターを使用。公園通りの交差点中央での歌唱や、代々木公園を2人が自転車で走ったり、スマートフォンのセルフィーで自撮り映像撮影を行うなど、あたたかく手作り感が滲み出る映像となっている。

また、映像中にはデビュー時から存在するゆずのマスコットキャラクター・ゆずマン、そして今作より新たに生まれたゆずネコ・あくびちゃんが登場。さらに、終盤には1998年5月30日に行われた渋谷公園通り劇場での『雨と泪』『少年』の貴重なライブ映像が使用されており、過去と現在が交差したドラマチックなMVとなっている。

ページの先頭へ