Bank Band

NEWS

2021.9.15 5:50

Bank Band 9/29 ベストアルバム「沿志奏逢 4」発売!収録曲決定!

Bank Band「沿志奏逢 4」特設サイトはこちら 

“ to U - 自分以外の誰かのために” Bank Band結成18年間の集大成!
最新楽曲「東京協奏曲」(宮本浩次 × 櫻井和寿 organized by ap bank)、「forgive」(Bank Band feat. MISIA)含む、全オリジナル楽曲、代表的カバーソング、歴代フェスより厳選したLIVE音源を収録したベストアルバム。全25曲NEWマスタリング!

Bank Band 「沿志奏逢 4」



Best Album 2021.9.29 Release

https://TF.lnk.to/soushisouai4

TFCC-86784~86785 ¥3,600(tax in) CD2枚組
初回仕様のみCD購入者限定特典:「Bank Band スペシャル映像」視聴シリアルナンバー封入



DISC 1
TOTAL TIME 71:22
01.forgive / Bank Band feat. MISIA
02.若者のすべて
03.東京協奏曲 / 宮本浩次 × 櫻井和寿 organized by ap bank
04.カルアミルク
05.What is Art ? / Reborn-Art Session
06.奏逢 ~Bank Band のテーマ~
07.何の変哲もないLove Song
08.トーキョー シティー ヒエラルキー
09.糸
10.MESSAGE - メッセージ ‒ / Bank Band with Salyu
11.はるまついぶき
12.こだま、ことだま。
13.to U / Bank Band with Salyu


DISC 2
TOTAL TIME 73:17
01.よく来たね (ap bank fes '12 Fund for Japan)
02.歌うたいのバラッド (ap bank fes '11 Fund for Japan)
03.はじまりはいつも雨 (ap bank fes '11 Fund for Japan)
04.言葉にできない (ap bank fes '06)
05.慕情 (ap bank fes '09)
06.緑の街 (ap bank fes '08)
07.休みの日 (ap bank fes '06)
08.Drifter (Reborn-Art Festival 2017 × ap bank fes)
09.Reborn (Reborn-Art Festival 2017 × ap bank fes)
10.HERO (ap bank fes '05)
11.終わりのない歌 (ap bank fes '12 Fund for Japan)
12.ぼくらが旅に出る理由 (ap bank fes '12 Fund for Japan)

■ap bankの可能性をさらに広げるため、音楽家 小林武史と櫻井和寿(Mr.Children)を中心に2004年に結成された”Bank Band”の18年間の集大成として、ベストアルバム「沿志奏逢 4」をCD2枚組でリリース。

■[Disc1]には、2021年3月20日に配信限定でリリースした最新楽曲「forgive」(Bank Band feat. MISIA)、新曲「東京協奏曲」(宮本浩次 × 櫻井和寿 organized by ap bank)、「What is Art?」(Reborn-Art Session)のNEW MIXを含む、Bank Bandがこれまで制作した全オリジナル楽曲に加え、「糸」「若者のすべて」「カルアミルク」「何の変哲もないLove Song」「トーキョー シティー ヒエラルキー」のカバー名曲を、TED JENSEN氏 (STERLING SOUND) の全曲NEWマスタリングにて収録。

■[Disc2]には、ap bank fesの歴史を語る上で外すことのできない名場面・名演奏を歴代フェスの中からセレクトし「LIVE BEST」として初CD音源化。Bank Band With Great Artistsとの共演「言葉にできない」「はじまりはいつも雨」や、「歌うたいのバラッド」「慕情」「HERO」などを、LIVE盤だからこそ刻み込めたあの「ap fes」の感動が鮮明に蘇ります。内田孝弘氏 (FLAIR MASTERING WORKS) がマスタリングを担当!

■初回仕様CD購入者のみが視聴できるBank Bandスペシャル映像コンテンツ視聴シリアルナンバー封入。小林武史と櫻井和寿の「沿志奏逢 4」スペシャル対談に加え、セッションも収録予定。お楽しみに!


<Message from 櫻井和寿>
もっと伝わる、歌うための技術を身に付けたいと、今も強く思っている。
でも、
足を運んでくれた人達の笑顔、会場の空気、バンドの息遣い、
その時でしかありえない心の動きと、だからこその歌が、声があるのだと、かつてのap fesの歌を聴いて思う。
きっと一生越えることは出来ない。
あの時の声に感動し、
同時に打ちひしがれるような気持ちになるけれど、
改めてありがとうap fes 。とっても恋しいです。


<Message from 小林武史>
Bank Bandは成り立ちが不思議なバンドで、いままで楽曲なども制作してきましたが、僕と櫻井くんに関してはap bankを通してのボランティア活動としてやっているわけで、そもそもが自分たちの営利目的ではない、利他的な行動として存在しているバンドなのです。
だけど音楽的には、作品の産みの苦しみも経験するし、あーだこうだと悩んだりもしてきましたが、出来上がったときや、何よりap bank fesのライブにおいて、他のアーティストやお客さんと共にとんでもない豊かな音楽の至福体験を何度も何度も体験してきました。幸せなことです。
自分たちの手から離れ、いろんなことが巡り巡ってまた自分が豊かになると言うのは、1つの真理だと思います。ap bankを通じて経験したことは、それを表してるように個人的に思います。さらにそこに時間の体積がいろんな思いをミルフィーユのように重ねていて、なかなか得難い1つの作品となっていると思っています。
まだCDに収録されてない新曲たちやスタッフの温かい思いが反映された過去楽曲からのセレクションと、ライブ音源からのセレクションで構成されています。
森本千絵さんによる新しい素敵なアルバムジャケットを含め、いろんな特典も用意されてるようです(笑)
よろしければぜひ、お手に取っていただいて。


*本作の収益はap bankが行なっている、ひとり親家庭を食で支援する「spoon」プロジェクトや災害復興支援、そして「リボーンアート・フェスティバル2021-22」などの費用に充当させていただきます。

ページの先頭へ