WATWING

NEWS

2021.9.22 22:00

ホリプロ初の男性ダンス&ボーカルグループWATWINGが本日メジャーデビュー!EP 「Take off,」より「HERO」 MVをYouTube公開!

ホリプロ初の男性ダンス&ボーカルグループとして2019年に結成されたWATWINGが、本日9月22日にトイズファクトリーからEP「Take off,」をリリース。タワーレコード渋谷店にてWindy(WATWINGのファンネーム)とメジャーデビューを祝い、EPタイトルがあらわす通り、空に近い屋上の会場からメジャーの世界に向かって“テイクオフ”した。

結成後の訓練期間を経て、グループが始動したタイミングにはコロナ禍へ突入。活動中、ファンの歓声を一度も聴いたことがないというWATWINGにとって、ファンと迎えるメジャーデビューの喜びは大きい。
「Spark‼」、「Sensation」とEPの収録順にパフォーマンスを披露していくと、会場は一気にヒートアップ。MCでは鈴木曉がオリコンデイリーランキング初登場9位獲得を発表し、「本当に嬉しいです。みなさんをもっと大きなステージに連れて行って、最高のエンターテイメントを届けます!」と感涙すると、Windyのあたたかく大きな拍手に包まれた。続いてリード曲「HELLO WORLD」、そして本日初披露となる「HERO」のパフォーマンスによりイベントの盛り上がりは最高潮に。「このメジャーデビューはWATWINGとWindyが掴み取ったパスポート」と語る八村倫太郎は、「WindyがいてくれるからこそWATWINGがある。これからも一緒に翔び続けましょう!」と呼びかけ、6人は夢の東京ドームを目指して羽ばたいていくことを誓った。

また、本日22時にEP「Take off,」収録曲、「HERO」のミュージックビデオがYouTubeで公開される。
「HERO」は、パワー溢れるボーカルワークがポイントの応援ソング。高まるビートにインスピレーションを受けたメンバー自らタイトルをつけた楽曲で、“君のヒーローになりたい”という熱い思いと強い絆が歌われている。
そんな今作のミュージックビデオを手掛けたのは、WATWINGのインディーズ・デビュー曲「Only One Life」や、続くバラード曲「Shooting Star」でタッグを組み、結成当初から彼らの成長を作品として表現してきた映像作家、鴨下大輝監督。90sのユーススタイルをモチーフに、秘密基地のような溜まり場で音楽やダンスを共有するWATWINGの明るく自然な表情が引き出されており、メンバー髙橋颯が得意とするブレイクダンスが見られるのもポイントだ。
こんな時代だからこそ見えてくる、好きな仲間と好きなことをして過ごす時間の大切さと、かけがえのない友情を描いたエネルギッシュなミュージックビデオに仕上がっている。ぜひチェックを!


WATWING 「HERO」 Music Video
https://youtu.be/t-ZpZsCoYVc

ページの先頭へ