DAOKO

BIOGRAPHY

■プロフィール

1997 年生まれ、東京都出身。ラップシンガー。
15 歳の時にニコニコ動画へ投稿した楽曲で注目を集め、2012 年に1st Album『HYPER GIRL- 向こう側の女の子-』を発売。

2013 年16 歳にしてm-flo + daoko による楽曲『IRONY』が、映画「鷹の爪 ~美しきエリエール消臭プラス~」の主題歌に起用。

2014 年には中島哲也監督の目に止まり、映画「渇き。」の挿入歌に『Fog』が抜擢。
同年、庵野秀明率いるスタジオカラーによる短編映像シリーズ「日本アニメ( ーター) 見本市」の第3 弾作品『ME! ME! ME!』の音楽をTeddyLoid と担当。

2015 年3 月には女子高生にして1st アルバム『DAOKO』にてメジャーデビューを果たす。同年10 月、DoubleA Side 1st シングル「ShibuyaK/ さみしいかみさま」を発売。日本アニメ(ーター)見本市にて公開された、吉崎響×DAOKO 企画による、スタジオカラーアニメーションミュージックビデオ「GIRL」と、児玉裕一監督によるブラインドしていた彼女の全容を明らかにした「ShibuyaK」の2 本の映像を公開。

2016 年4 月、新世代クリエイター「PALOW× 吉崎響×TeddyLoid×DAOKO」にて学校法人・専門学校HAL 2016 年度新CM を担当。さらに、“Reebok CLASSICFurylite WEB Movie”にDAOKO が出演。Cygames TVCM タイアップソングに「もしも僕らがGAME の主役で」が決定し、Triple A Side 2nd Single「もしも僕らがGAME の主役で/ ダイスキ with TeddyLoid/BANG!」が発売。

2017 年2 月、制作統括・音響監督を庵野秀明さんが務めるスタジオカラーが制作する初のテレビアニメーションNHKBSプレミアムアニメ「龍の歯医者」挿入歌『かくれんぼ』にDAOKO が起用。3 月にはLINE LIVE による“タテ型"MV「Portrait Film Project」第2 弾アーティストにDAOKO が決定し、川村元気氏× 関和亮監督が仕掛ける新たな映像表現プロジェクトは20 歳になるDAOKO の新たな幕開けとなった。4 月、TV アニメ「神撃のバハムート VIRGIN SOUL」のエンディングテーマに『拝啓グッバイさようなら』が決定。7 月同アニメのエンディングテーマとして作詞作曲をDAOKO が担当し、編曲には江島啓一(サカナクション)が手掛けた新曲『Cinderella step』が決定。そして8 月18 日(金)映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』主題歌『打上花火』をDAOKO× 米津玄師にて、挿入歌『Forever Friends』をDAOKO にて決定。『打上花火』は、アニメーションMV が4,500 万回視聴(10/3 現在)を越え、勢いはとまらない中、4 週連続iTunes ソング・ランキング1 位を獲得!さらにサブスクリプション音楽配信サービスでも軒並み1 位を獲得し14 冠という快挙を成し遂げる。

■バイオグラフィー

ページの先頭へ