ゆず

NEWS

新曲「マボロシ」が、10月12日(金)よりスタートするNHK 総合の新ドラマ『昭和元禄落語心中』(毎週金曜 よる10時〜)の主題歌に決定した。

同ドラマは、若者たちを中心に落語ブームを巻き起こした、雲田はるこ氏による漫画『昭和元禄落語心中』(講談社)のテレビドラマ化したもので、昭和の落語界を舞台に、噺家の素顔と業を描く本格落語作品。脚本は連続テレビ小説『マッサン』の羽原大介氏、演出には映画監督のタナダユキ氏を迎え、主演の岡田将生をはじめ、竜星涼、成海璃子、大政絢、山崎育三郎ら人気俳優が出演する。

「マボロシ」は、北川悠仁が原作を読み込んだ上で作詞・作曲を担当。今年にアルバム『BIG YELL』をリリースするなど、前向きでポップな印象が広く認知されているゆずだが、本作では物語の世界観を踏襲。「今までゆずが表題曲の中で表現してきたポップさだったり、前向きさだったりを手放し、新たな自分たちの表現を目指す」ことを念頭に、近年のゆずシングル作品には見られなかった、シリアスで幻想的なミディアムバラードとなっている。

数々のタイアップ作品を世に送り出しているゆず。2014年にフジテレビ系『僕のいた時間』の挿入歌&テーマソングとして「よろこびのうた」「素顔のままで」を提供しているが、“ドラマ主題歌”としては2013年にリリースしたNHK連続テレビ小説『ごちそうさん』主題歌「雨のち晴レルヤ」以来、約5年ぶりとなる。

『昭和元禄落語心中』は、NHK総合の「NHKドラマ10」枠にて、10月12日(金)より放送開始予定。

●ドラマ 10『昭和元禄落語心中』公式サイト
2018 年 10 月 12 日(金)放送開始予定
NHK総合 毎週金曜よる10時から
https://www.nhk.or.jp/drama10/rakugo/

●ゆず 公式サイト
http://yuzu-official.com

<北川悠仁コメント>

今回ドラマ主題歌のお話をいただき、初めて原作を読ませていただきました。夜中に読み始めたところ、あっという間に物語の世界観に引き込まれて、全巻読み終わる頃には朝を迎えていました。

すべての登場人物に「生と死」「愛と憎しみ」「美しさと残酷さ」がはらんでいて、“落語”という明るいテーマとは裏腹に、巻きおこる物語の激しさに、読んでいてゾクゾクしました。どのキャラクターも本当に個性的なので、キャストの皆さんがどのように役を演じていくのか、とても楽しみにしています。

「マボロシ」を制作する上で最初に思ったことは、今までゆずが表題曲の中で表現してきたポップさだったり、前向きさだったりを手放し、新たな自分たちの表現を目指すことでした。「昭和元禄落語心中」の物語が持つ闇、その中に潜む美しさを楽曲で追い求めました。

試行錯誤の末、“マボロシ”というテーマが浮かび、このキーワードと物語に背中を押され、今までのゆずにはない、切なく幻想的な楽曲に仕上がりました。また、ゆずの核である歌も、いつも以上に可能性を模索しています。

新たな扉を開かせたくれたこの物語との出会いに、心から感謝しています。

2018年9月4日(火)・5日(水)・6日(木)山梨県・身曾岐神社 能楽殿にて開催を予定しておりました「ゆずの輪presents 夏祭り 杜の音 ~ゆずの大応援~」は、台風21号の接近・本州上陸の影響による公共交通機関の乱れ、お客様の安全を第一に考え、3日間すべて『中止』とさせていただきます。

延期も視野に入れ協議を重ねましたが、現状、振替公演の予定はございません。台風通過後も交通機関の乱れが起こる可能性、また、会場設営の時間なども踏まえ、全日中止の判断を致しました。公演を楽しみにされていた皆様には大変申し訳ありませんが、ご理解の程、よろしくお願い致します。

なお、9月4日(火)・5日(水)・6日(木)の3日間、身曾岐神社周辺でのグッズ販売・催し物などは一切行いません。荒天になる恐れが多いため、どうか現地にはお越しいただかないようお願い致します。

払い戻し方法は詳細が決まり次第、ゆず公式サイト、公式SNS等でご案内いたします。それまで、所有されているチケットは大事にお持ちいただきますようお願い申し上げます。

また、御朱印帳をお申込みいただいた方には、別途ご案内をさせていただきます。加えて、会場にて実施を予定していましたゆずの輪20周年企画「ギネス世界記録に挑戦」に関しても、再度アナウンスさせていただきます。


BIG YELLツアー終了後、最初に皆様にお会いできる場として、ゆず・スタッフ共々ライブを楽しみにしていました。とても苦しく、悔しい決断ではありますが、また皆様にお会いできることを心から願っております。


ゆず 北川悠仁・岩沢厚治

有限会社セーニャ・アンド・カンパニー

ゆずの輪スタッフ一同

ページの先頭へ