BRAHMAN

NEWS

4月27日に発売されるBRAHMANの映像作品「Three Times Three」に収録されている中野サンプラザ公演の中から「FAR FROM...」の映像がYouTubeにて公開された。

2022年1月13日。コロナ禍で行われたBRAHMANの有観客単独ホールツアー最終公演「Tour -slow DANCE HALL- FINAL at 中野サンプラザ」は、あの場に居合わせた全員がぶっ飛ばされた伝説級のホールライブとなった。昨夏に開催された「Tour 2021 -Slow Dance-」では、声を上げることすら許されない環境で、BRAHMAN は彼らの特徴のひとつでもある静と動の「静」にスポットを当て、コロナ禍でも止まらないという姿勢を見せつけたが、ここではそれをさらに進化させた。紗幕を大胆、かつ巧みに使い、数々の効果的な映像演出で1本のライブを芸術作品の域へと高めたのである。
今回公開されたライブMVは、ライブ終盤に披露された「FAR FROM...」。この曲の次に控えていた「Slow Dance」でテンションが爆発する直前の、抑制の効いたパフォーマンスが非常にエモーショナルである。

演奏をサポートする映像も素晴らしかった。映像のコンセプトは「時」。生きた化石とも言われる古代魚・アロワナは恋をして繁殖をする珍しい魚。 人は、生まれ、出会い、そして最後は別れ ( 死 ) を経験して時を重ねていくもの。そんな人間の生涯をアロワナの映像で表現している。この映像が4人の演奏と溶け合い、人々がこれまでこの楽曲に対して抱いたことのない感情を呼び起こしたのである。これはコロナ禍だからこそ表現できたことではないだろうか。ぜひご覧いただきたい。
このライブMVを観て、4月27日に発売される映像作品「Three Times Three」への期待をさらに高めてほしい。



BRAHMAN
初のホールツアー「-slow DANCE HALL- FINAL」中野サンプラザ公演より
ライブ映像「 FAR FROM... 」を公開!
URL https://youtu.be/NqDSuiLq-sw

作品詳細
BRAHMANが見届けた日本を代表する3つのコンサートヴェニュー最後となる姿!
たった3週間の間に行われた3本の名演を日本のロック史に残した4人は
ロックの殿堂に一体何を刻み込んだのか――答えはすべてここにある
その名は『Three Times Three』

BRAHMAN 「Three Times Three」
4月27日(水) 発売

<形態>
初回仕様限定盤A (BD 3枚)定価7.700円 TFXQ-78210~78212
初回仕様限定盤B (DVD 3枚)定価6.600円 TFBQ-18248~18250

<購入特典>
各ショップ購入特典
Tower Records:「Three Times Three」ステッカー(2種セット)
amazon:「Three Times Three」コットン巾着
楽天ブックス:「Three Times Three」アクリルキーホルダー
TOYdS STORE:「Three Times Three」ポストカードセット(3枚組)
上記以外のお店:「Three Times Three」マスクケース

ご予約はこちらから
https://brahman.lnk.to/tttPR

4月27日(水)発売BRAHMAN『Three Times Three』のリリースを記念して、対象店舗にてパネル展の開催も決定いたしました。
映像に収録予定の3公演それぞれからセレクトしたライブ写真を展示いたします!お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。
※設置場所・展示内容・展開期間は、予告なく変更・終了する場合もございます。

パネル展 対象店舗
北海道 タワーレコード 札幌ピヴォ店
宮城県 タワーレコード 仙台パルコ店
東京都 タワーレコード 秋葉原店
東京都 タワーレコード 渋谷店
東京都 タワーレコード 新宿店
東京都 タワーレコード 池袋店
神奈川県 タワーレコード 横浜ビブレ店
大阪府 タワーレコード 難波店
大阪府 タワーレコード 梅田NU茶屋町店
福岡県 タワーレコード 福岡パルコ店

【展示期間】
2022年4月26日(火)~
※展示期間は店舗によって異なります。予めご了承ください。

2022/1/20 BRAHMAN presents tantrism vol.10 ~STUDIO COAST LAST MATCH~『中央演舞』
数々の名演が繰り広げられてきた東京・新木場USEN STUDIO COASTがその歴史に幕を下ろした。BRAHMANもこの大型ライブハウスのステージには幾度となく立ち、あちこちに血と汗を染み込ませてきた。COASTサイドは、来る最後の月に向けてBRAHMANに白羽の矢を立てた。「ぜひ最後に立ってほしい」と。 そして最後の対バンを盟友ハナレグミに声を掛け、共に最後のステージを作るべく「中央演舞」の構想に入った。結果として、ありったけの創造力と友情と熱量が込められた名演に。コーストのフロアに現れたのはボクシングリングのような四角形のセンターステージ。それを見つめるのは周囲を取り囲んだ観客。たいまつのような炎(トーチ)やスモークを使い、終始鳥肌が立つようなパフォーマンスを展開した。

このライブは4月27日に発売される映像作品「Three Times Three」に収録される。今日はその中からBRAHMANの代表曲のひとつ「Slow Dance」の映像がYouTubeにて公開された。ここで注目してもらいたいのは、BRAHMANとしては珍しいトーチ(炎)の演出や、360度から4人の姿を捉える映像がいつも以上のダイナミクスとスリリングさで迫ってくるという点。360度ステージは日本武道館などでも経験済みだが、ここまでの生々しさを切り取ったのはコーストという場所だからこそ。この日にしか起こりえなかったドラマが、この映像を通して少しでも伝わったらうれしい。



BRAHMAN presents tantrism vol.10
~STUDIO COAST LAST MATCH ~『中央演舞』より
ライブ映像「Slow Dance」を公開!
URL https://youtu.be/BWhoGiFE9lo

ご予約はこちらから
https://brahman.lnk.to/tttPR

ページの先頭へ